赤い着物

知っておきたい着物レンタルを行う時の流れ

暖簾をくぐる女性

日本ならではの伝統的な着物を身に付けたいと思う時には、手軽な着物レンタルを利用すると、京都の街を散策するにもより和のテイストを感じられるようになります。着物を購入しようとすれば、高額になるためなかなか手が出ないものですが、観光がてら京都を訪れる時には着物レンタルなら、その心配もなく気軽に利用できます。
まず、着物レンタルのサイトで商品を選び申し込みが完了すると、連絡が入ります。その後クレジットカードか代金引換など着物レンタルが対象としている支払い方法から選び、確定をしておきます。それから、着用する日にちの2日前に着物が配送されてきます。ゆとりがあるので京都への旅行にも、持参したり着用したりすることができやすくなるのが魅力ではないでしょうか。
着用した後には、気になるのが着物の汚れですが、クリーニングの必要はありません。ただ、汚した際の保険として安心できる保証に加入をしておくと、予測していない汚れや破損にも対応してもらえるようになるので検討しておく必要があるでしょう。
最後に着用が終わってから、着物レンタルへ返却を行いますが、この時には抜けがないようにチェックシートを見て、すべての着物や小物などの漏れがないかを確認するようにしてください。返却が完了すると、着物レンタルからその連絡がメールで届きます。このように、着物レンタルを活用すれば、京都の旅行も一味違ったものにすることができます。

TOP